NEWS

それでは、 ベーンせん断試験で得たcu とN値から得た計算値との比較をしたいと思います。


一般にN値から粘土の一軸圧縮強さquを求めるには、いくつかの推定式がありますが、今回は次式を用います。

qu = 12.5 N (kN/m2 )  ( Terzaghi & Peck )

土のせん断強さは、内部摩擦角や粘着力、一軸圧縮強さの関係から次式で表せます。

C = qu / 2・tan(45- φ/2)


今回は粘土なので内部摩擦角φ=0°とすると、C = qu /2 となります。

したがって、cu = 6.25 N (kN/m2 )  ---①  を推定式として使います。

ベーンせん断試験の結果から、 当現場cu の実測値は約7~30 (kN/m2 ) でした。


現場の粘土層のN値は10か所簡易貫入試験を行って計測しましたが、2.7~4.2の範囲にありました。それを式①に当てはめると、

cu = 16.87~26.25 (kN/m2 )  と推定できます。
cu = 7~30 (kN/m2 )  が実測なので、最小値を見ると差がありますが、平均値で考えれば、悪くないのではないでしょうか。



法面の場合は、極限周面摩擦抵抗の推定値として粘性土の場合は、0.8 ・ c を使いますよね。
このcの値に不安がある場合は、削孔した穴に検尺棒のようにベーンを入れれば原位置で cu をはかることができます。

ベーンせん断試験自体は数分でできるものです。
粘性土を削孔する場合は、原位置ベーンせん断試験によりせん断強さを確認しますというのは、創意工夫としてできるのかもしれません。