UAV赤外線調査

法面の赤外線調査

ドローンによる赤外線調査

斜面や構造物を赤外線で点検するためには、定点から気温が低いときと高いときで写真を撮影する必要があります。

対象物とカメラの角度も調査制度に影響することから、基本的に斜面に正対して調査する必要があります。

地上に据えた定点カメラによる撮影では、上を見上げる形になったり、定点の記録に手間が掛かったりするのが、赤外線調査がいまいち普及してこなかった要因の一つだと考えられます。

赤外線カメラを搭載したドローンでは、ドローン自体が撮影点を記録して勝手に同じところから撮影できることに加えて、斜面に正対しての赤外線調査が可能です。

赤外線調査は、複雑な自動飛行ルートを作成する必要もなく手動での計測が可能です。

また、対空標識の設置も不要なので、維持管理者にとって調査が行いやすい方法だといえます。

老朽化モルタル調査

老朽化したモルタル吹付法面の空隙や空洞化の調査は、赤外線調査で実施することができます。

法面の相対的な温度変化を解析して、空洞を調査します。

地山を調査して湧水を察知

赤外線調査が活躍するのはモルタル吹付面だけではありません。

地山を赤外線で撮影すると、水みちや湧水箇所も発見することができます。

法面工事は、赤外線調査がフルに活用できる数少ない工種なのです。

維持管理に

赤外線カメラによる調査は、写真測量と違って対空標識を設置する必要がありません。

ドローンによる赤外線調査実績が多くなれば、法面だけでなく橋梁やあらゆる構造物の維持管理のための調査手法として活用されるはずです。

 

ICT法面工事業

  1. Matrice300RTK赤外線カメラ

    2022.12.01

    MatriceでMatriceを撮影#1
    3次元測量やICT法面工をさらに進化させるため、産業用ドロ…
  2. KMUTT joint seminar_civil eng.

    2022.11.24

    KMUTTジョイントセミナー報告
    今週、KMUTT(モンクット王工科大学トンブリー校)にて、…
  3. Matrice H20T赤外線画像解析

    2022.10.22

    UAV赤外線写真データ解析
    赤外線調査となると、モルタル吹付やコンクリート構造物やソー…
  4. Matrice300RTK ICT法面

    2022.10.16

    Matrice300RTK
    大翔のICT法面工は、この6年間、2"代"のPhantom…
  5. 出来形測量_UAV

    2022.10.13

    ICT法面工の取組み振返り
    当社がはじめてドローン(UAV)を手にしたのは、2016年…
Copyright ©  株式会社 大翔 All Rights Reserved.
PAGE TOP