ユニットネット工法

エコロジカルな地山補強土工法

ユニットネット工法は、森林保全と斜面補強を両立したエコロジカルな工法です。
法枠工のようにモルタルで補強するわけではありませんが、同等の補強力を有しながら自然に優しいです。
鋼より線からなる四角形のユニットネットは開閉式のジョイントを備え、樹木の間にネットを張り巡らせることができます。
そのユニットネットによりロックボルトの補強力をのり面全体に伝えることが可能です。
森林伐採を最小限に抑えることが可能で環境にやさしいだけでなく、コンクリートと違って目立たないため景観も守れる工法です。

樹木を伐採しない工法であるため、ロックボルトを施工する際には樹間削孔が必要です。
つまり、森林を伐採して仮設足場を設置することなく、ロックボルトを樹々の間で削孔できる技術が不可欠の工法です。
(株)大翔は、SD工法による無足場の樹間削孔に強みを持っているため、同時にユニットネット工法による環境に配慮した施工も得意にしております。

 

 

そのほか「設計要領(案)」「施工要領(案)」「施工実績一覧」やユニットネット工法の詳細については、開発元(株)ダイカHPをご参照ください。

©  株式会社 大翔 All Rights Reserved.
PAGE TOP